飛び込み営業 トークのコツ2

飛び込み営業 トークのコツ2

 

今回も引き続き「トーク(話し方)」について書かせていただきます。

 

前回は、

 

「早口は絶対にダメ!」
「ゆっくり話す!」

 

ってところまで、書かせていただきました。

 

 

気になる人やわからない人は

 

飛び込み営業 トークのコツ1』を見てくださいね!

 

 

それで、今回は「ゆっくり話す」についてのちょっとしたコツについて書かせていただきますが、きっと皆さん

 

「そんだけ??」って思われると思います(笑)

 

 

でも、ガッカリはしないで下さいね!

 

 

それは、「大袈裟なくらい、ゆっくり話す」だけでいいんです。

 

 

 

本当に意識してゆっくり話すだけで、お客様の理解力は変わってきますので。

 

 

 

 

本当にこれだけって感じですよね(笑)

 

 

 

本当にこれだけなんです。

 

これだけで、本当にお客様の理解力と話の捉え方が大きく変わるんです。

 

 

もう一つ、付け加えるとすれば、

 

ゆっくりとトークしながら、「お客様の反応を意識する」です。

 

 

ひとつの話の区切りでのお客様の反応をしっかりとキャッチしてあげればいいんです。

 

例えば「◯◯社の◯◯と申します。 ご多用中すみません。○○様に○○の商品の資料だけでも見ていただきたいのですが、5分程お時間ありますか?」

 

ここで、しっかりとお客様の反応を見る。聞くです。

 

ゆっくりとトークするとそれができるんです。

 

ここで、その間が作れれば、お客様の反応によって続けるトークが選択できます。

 

 

逆に早口で話してしまうとそれが出来ないで、「ひとりで好き勝手に話してる。」と捉えられてしまったり、「空気が読めない人だな、、。」とストレスに感じられてしまうわけです。

 

この点は、何度も何度も練習して慣れる必要はありますが、これが出来ないと営業で結果を残す事はできません。

 

 

 

これが、「ゆっくり話すのメリットについてでした。

 

次も、話し方のポイントについて書かせていただきます。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

NEXT=> トークのコツ(3)