飛び込み営業コツ お客様を知る(2)

飛び込み営業コツ お客様を知る(2)

 

前回は、「お客様を知る」必要性について書かせてもらいました。

 

今回も引き続き「お客様を 知る」についてではありますが、お客様を知った上でどうしたら結果に繋げられるかを具体的に書いてお伝えできればと思います。

 

 

 

前回の「お客様を知る』必要性とは、あなたを好きになってもらうための情報を得るためだとお伝えしましたよね?

 

 

そこで、質問です!

 

少し考えてもらいたいのですが、あなたが人を好きになるときってどういう時ですか?もしくは、どういった人となら気が合うと感じますか?

 

 

大体の人は、「この人とは話が合う」や「趣味が一緒」とか「好みが一緒」とかじゃないかと思います。もしくはこの人といると楽しいとかですよね。

 

 

 

それって、一言でいうと「好感を持つ」(好感をもってもらう)

 

 

って事です。

 

 

この「好感をもってもらう」というのが重要で、営業で言えばここは世間話とクラッチ合わせで「最初の好感」をもってもらう部分をクリアします。

 

 

そして、「お客様を知る」で得た情報を、更に好感度をあげる為に利用し、信頼関係を築くことができればこちらのお話もしっかりと聞いてくれて、あなたの熱意も伝わりやすくなります。

 

そうすれば、どうなるかはわかりますよね?

 

あなたが商品を売りたければ、買ってくれる可能性もグーンと上がります。
これは、営業だけではなく、私生活でも使える部分は多いと思います。

 

 

 

実際にどういった情報を利用するかと言うと、営業の場合であればお客様の家族構成や職場などですね。(こういった情報を得る為に、世間話やクラッチ合わが必要です。)

 

 

「お客様を知る」上で得た情報を、「お客様に知ってるね」と思ってもらえるように伝えることがポイントなんです。

 

それをするには、以前にも話した「共感」です。

 

私なんかは、お客様の趣味や好きなものも顧客情報として利用して、趣味なんかであれば、徹底的にその趣味について調べたり、好きなものであればそれはどういったものかを調べたりして、共感できるようにしました。

 

 

それをするだけで好感度はグーンと上がります。

 

 

飛び込み営業なんかの場合でも、一回あっただけで契約なんていうのはこのご時世ありませんから、一回目の会えた時にしっかりとクラッチ合わせをし、次の機会に繋げられるように「お客様を知る」。

 

二回目の機会の時までに更に合わせられるように戦略を立てます。好感度を上げるために、得た情報を徹底的に調べ上げたり、お客様に喜んでもらえるような話を考えておきます。

 

 

ここまでの準備がしっかりとでき、1度目の機会の時に好印象を与えられていれば、2度目の機会の時に更に好感度を上げられることは間違いないと思います。

 

 

初めて会うわけでもないですから、安心感もあり、話す抵抗はこの時点ではかなり取れているわけですからね!

 

ここまできたら間違いなくお客様があなたの話を真剣に聞いてくれる体勢作りは出来上がったとはずです。

 

 

少し長くなりましたが、これで「お客様を知る」についてのお話は終わりです。

 

 

次回は、「商品説明」についてお話したいと思います。

 

 

NEXT=> 商品説明(1)